ギャンブル依存から闇金融依存へ

かつての私はギャンブル依存症といえるくらいにパチスロ通いがやめられませんでした。
最初はまさかそんなにのめり込むとは思ってもみなかったのですが、
人間関係で悩んだ時期についつい、パチスロで大勝してしまい、
そのときの快感が忘れることができずに、その後は連日と言ってもいいほど
パチンコ店に通う日々でした。
自由に使えるお金はもちろん、生活費までパチスロに突っ込む有様。
当然、あのときのような大勝はなかなかあるものではなく、
負けがこむ時もありましたが、次で勝って取り戻そうとますますパチスロの
ことばかり考えてしまっていました。
当然、そんな有様ではすぐに自分のお金もなくなり、消費者金融の
カードローンを使ってキャッシングして現金を作ってはその足でパチスロ店へ
行くことになるまでそんなに時間はかかりませんでした。
そこからはもう加速度的にどんどん事態は悪化。
借りたお金は当然、返済しなければならないのですが、その利息分を
つけて返すのに四苦八苦…結局、またお金が足りなくなり、再度お金を借り…と、
繰り返しているうちに借金総額はどんどん膨れ上がり、ついには利用限度額
いっぱいにまで借りきってしまうことになりました。
1つの消費者金融だけではなく、複数社から借りていましたが、そのどこからも
追加で融資してもらえなくなると、ついにはヤミ金融にまで手を出してしまったのでした。
正直、闇金に手を出す前に、きちんと根本からの問題解決に動けていればと思います。
闇金は普通の消費者金融での借金をさらに悪くしたようなもので、比較にならないほど
高い金利ですぐに返済に行き詰まることになりました。
しかも、闇金業者の取り立てはさらに厳しく、精神的に追いつめられていきました。
結局、私の様子がおかしいと友人の司法書士が声をかけてくれたことが
きっかけで、借金問題の解決につなげることができました。
法律の専門家という友達がいながら、自分から闇金相談をすることは
なかなかできなかったんで、本当にありがたいことでした。
ただでさえ、パチスロのイメージ自体が悪いのにそのうえ借金、
さらには闇金にまで手を出しているとか、自分の友人に相談するには
とても恥ずかしすぎてできなかったんです。
しかし、一度、相談してしまえば、さすがはプロですから、あっという間に
債務整理に着手してくれました。
今はもう二度とパチスロなんてしない、闇金融で借金なんてしないと思っています。
借金問題で悩んでいる人は私のようになるまで一人で悩まずに
的確な相手に相談することを是非おすすめします。

貸金業者から闇金を紹介されることがある

闇金と言うと街角の事務所に行って、そこで消費者が闇金業者と直接話すことでお金を借りるものと言うようなイメージがつよくあるものです。
しかしながら現在の実態としては必ずしもそうだというわけでは無く、闇金業者はさまざまな手口で新しい顧客を取り込もうとやっきになっています。
その手法の一つとして最近多く見られるようになっているのが「紹介」という手口です。
これはさまざまなタイプがありますが、最も警戒しなくてはならないのが闇金では無い業者が闇金を照会するというような方法でしょう。
これは通常の貸金業者を利用し始めて、利用に慣れてもっと多くのお金を借りたいと考えるようになった消費者に対して「もっと多くのお金が借りられるところがあります」と言ったり、返済が遅れてきたところで「別の業者から一旦融資を受けて完済してもらわないと困る」と言って紹介するというような手口です。
これは最初に利用した業者が安全なものであった分信用してしまいやすく、知らず知らずのうちに被害を大きくしてしまうケースが多く見られます。
もし別の業者を紹介されてもまずは闇金ではないかとして疑うようにしましょう。

意外と知らない闇金の取り立ての実態

闇金は、数万円程度のお金を貸しただけでその数倍や数十倍の金利をむさぼる業者で、借りた人が返済しないと強烈な取り立てを行ないます。電話越しで罵声を浴びせたり、脅迫や脅しをするケースが多いです。

闇金の大半は違法であることを知りながら、お金を貸し付けを行い、返済が滞れば厳しい取り立てを行ないます。その実態としては、まず債務者の勤務先に堂々と電話してくる点があります。

債務者は大抵は働いているので、働き先に電話がかかると働きにくい環境に追い込まれることとなります。なかには勤務先に電話をかけ続けられたことで、仕事を失うケースもあります。

その他に早朝や夜遅くの訪問による返済の督促を行ないます。なかには帰宅を待ち伏せを行なうケースも見られます。

酷いものになると近所に触れて回ることを行なうこともあり、住み続けることが出来ないような精神的に追い込む手段に打って出ることもあります。そのため、もし闇金にお金を借りた場合、後々の取り立ての厳しい実態があることを知っておくことは必須です。

闇金に嫌がらせを受けた際の対応策

闇金業者からお金を借りた際には、確実に通常あり得ない法外な高金利で返済を求めてきます。
10日間で1割という場合や10日で5割などしっかりと登録されている消費者金融に比較すると暴利と言っても過言ではない金利です。
こういった行為は賃金業法と呼ばれる法律に違反しているため、返済する義務を負う必要はありません。
しかし、返済しなければ闇金の業者から嫌がらせを受けることは確実です。
嫌がらせの内容というのは様々な事柄があるものの、精神的に負担となることが主と言えます。
こういった闇金業者からの嫌がらせに対応するにはいくつかの方法が存在します。
まず、司法書士をはじめとする専門家に依頼するということです。
次に、警察に被害届を出すということも有効です。
そして、取り立てなどが行われても頑なに無視を続けるということも挙げられます。
こうした主な3つの対応策のうち最もリスクが低い上に効果的なのが司法書士などに依頼するということです。

ソフト闇金と時代の流れ

改正貸金業法が施行されたせいで、闇金に流れたという人は多いかと思います。
かくいう私もその一人。
それまでは消費者金融からお金を借りていたんですが、
にっくき総量規制のせいで、もう消費者金融からお金を借りることが
できなくなってしまったんですよね。
そりゃ、銀行なんかの総量規制の対象外のところから借りれるっていう
カードローンのプランなんかもありますけど、私のように
すでに消費者金融から借りた借金があるっていう人なんかは銀行の
カードローンの審査ってなかなか通るものじゃないですし。
借りるところがなくなって困った私にとって、金利は高くてもすぐに
お金を貸してくれるっていう闇金は最後の砦といった感じでした。
その頃から台頭してきたソフトヤミ金といった業者は他の消費者金融と
変わらないような応対で、安心してしまっていたというのもあり
闇金を利用したらすぐに借金額はみるみるまに増えていってしまいました。
通常の消費者金融の金利の数十倍から時には百倍を超えるような
高い利息を支払わなければならないので当然ですよね。
まさに一度入ったらぬけ出すことのできない蟻地獄。
ソフトヤミ金は暴力的な取り立てはしないとはいっても、
やはり返済を催促されるとびくびくしてしまうものです。
弱みを握られていてひたすら謝らないといけないのは辛いものです。
結局、返済が滞って、どうにもならなくなり、自己破産をすることになりました。
闇金問題を相談するっていうと、どうにも立場的に弱いということもあり
ついついためらってしまいますが、きちんとした法律の専門家に相談すれば、
感情の入る余地なく、さくさくと問題解決にもっていってもらえます。
自己破産した今はとてもすがすがしい気分です。
もちろん、失って困るような財産も持たない自分だから、できたことで
人によっては、一部の借金を減額してもらって、残りは自力返済するという
個人再生や任意整理などをしたほうがいい場合もあるでしょう。
とにかく、闇金は素人が一人でどうこうしようと画策してもなんともなりません。
一刻も早く、問題解決のために相談することをおすすめします。
弁護士などの中にはこういったヤミ金対策を専門として営業している人もいますし
対応の仕方もお手の物ですので、そういった人を選ぶのがいいでしょう。
今はネットで検索すればすぐにそういう人を見つけることもできます。
私自身もお願いした弁護士はそうやって知った弁護士でした。

闇金速報は一瞬にして情報が古くなる

闇金というのは存在が違法なものですから、あらわれては消えあらわれては消えといったことを繰り返しています。
そのため、このような違法な金融機関の速報があったとしてもその情報はすぐに古くなってしまい、役に立たなくなってしまうものです。
危ない場所の情報が入ったところで、そのような情報が流れば闇金はすぐに名前を変えたりして、また新しい姿で再出発をしますから、このような情報を頼りにして怪しい金融機関からお金を借りてしまうと結局は苦しい思いをしてしまうことになります。

お金に苦しくてどこも化してくれるような状況でなくなった場合、安全でしかもお金を貸してくれるところを探そうとするものですが、そのような状況で親切にお金を貸してくれる金融機関というのはありませんから、結局は闇金に手を出してしまい深みにハマってしまうことになります。
このようなことにならないためにも、お金に苦しい時にも闇金にだけは手を出さないことが大切です。

今すぐ即日キャッシング!

とうとう消費者金融でのカードローンデビューしちゃいました(*ノω・*)テヘペロ
さすがに借金はまずいかなあ…って思ってたんですけど、どうしても
一目惚れしちゃったリングがあってさぁ…。
こういうのって一期一会って感じで機会逃すと売れちゃってもう手に入らないとかって
なっちゃったりもするから、仕方ないかなって。
我慢することも大事だとは思うんだけど、我慢したことで一生後悔とかも
嫌だな…って思うんですよ。
今回のはそれくらい気に入っちゃってさ。

街金というとイメージが悪いかも知れないけど、
消費者金融なら今すぐお金借りられるから
いざという時は本当に便利。金利も無料とかサービスしすぎでしょ。

今回、私が利用したとこなんかはスマホで申請出して、証明書なんかも
スマホのカメラで撮影すればOKとかってんで、めちゃくちゃ楽だったんだよね。
審査も、これまでに他にお金を借りたことなかったし、すんなりと
通って、なんだかすっかり拍子抜け…。
一応、借りるために調べたときに見た、「消費者金融の審査に受かるために」
みたいなサイトだと、申請が通るのって難しいのかなってイメージだったんだけど。
やっぱ、今回、借りたお金がそこまで大きい額ではなかったっていうのが大きいのかな?
いくら、はじめての借り入れであっても100万円貸してくださいとかって
いうんだったら審査に落ちるとかいうこともありそうだよね~。
一応、これでも身構えていたんです(^_^;)
まあ、少額の融資まで貸し渋っていたら、消費者金融は儲ける機会を
逃しちゃうわけだから当然といえば当然なのかも??
とはいえ、こうやってキャッシングするのをデフォにしちゃダメだよね。
最低でも、今回借り入れしたお金を全部完済するまでは新規で
お金を借りない!くらいのマイルール作っておかないと便利すぎて
じゃんじゃんお金を借りてしまいそうなんだよね…。
金銭感覚が狂ったあげく、多重債務になって、借金の返済を滞納して
やがては闇金に手を出したり、あるいは自己破産をしたりとかの
未来にはなりたくないです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
いや~、私がすごく小さい頃に亡くなったんで、私自身は覚えていないんですけど
祖父がかなり借金しまくってたらしくって、祖母とか父とかが
ものすんごく苦労したっていう話を聞かされていたんでね。
あ、今回、お金借りちゃったことは父には内緒ですね…(^_^;)
借りたってバレたらたぶん、超しかられると思うんで。

ストレスから借金、そして闇金に手を出した

うちの子はいわゆる「育てにくい子」だったというのもあって、
出産からこっち、本当に精神的に追い詰められることが多かったです。
あまりに育児ストレスがやばくて、旦那には内緒で子どもを実家に預けて
パチスロにハマってしまい、ブレーキが全くきかなくなってしまっていました。
ギャンブルはみんなそうだと思うんですが、勝った瞬間のあの脳内麻薬が
ぶわっと出る快感にとらわれて、お金の金額を気にしなくなってしまうんですよね。
最初は自分のお小遣いの範囲内でするつもりだったのが、やがて、
生活費から出し、それも不足すると、銀行の主婦向けカードローンでお金を
借りるようになってしまいました。
しかし、こういった主婦向けの商品はどこも限度額が本当に少なくて、
すぐに利用限度額いっぱいにまで借りきってしまいました。
もう借りられないのに、パチスロがやめられず、結局、闇金融でも
お金を借りてしまうことになったんですが、当然、闇金でお金を借りたところで
とんでもなく高い利息を返済できるアテもなく…。
返済ができないならお水や風俗で働くようにと、ヤミ金業者に迫られましたが
さすがに子どもがいる手前、それだけは無理でした。
どうにもできなくて、結局、司法書士に闇金相談することになりました。
自分も知らなかったんですが、闇金で借りたお金というものは、
貸すほうが悪いってなるみたいで、返済しなくてもいいみたいで、
司法書士の先生に交渉をしてもらったので、無事にそちらの借金が片付くことになりました。
もちろん、銀行で借りたお金はきちんと返さないといけないのですが、
銀行で借りたお金は総額としてはそれほど多くなかったので、
とりあえず今は月々の返済額を極力少なくしてもらい、子どもがもう少し
大きくなったら働きに出て完済しようと思っています。
本当はすぐにでもパートとかしてお金を稼げたらいいんでしょうけど、
すぐには入れる保育園とかもありませんし、実家の親も最近、足を
悪くしたんで、ますますやんちゃになってくる子どもの世話をもう見れないと
言われたので、しばらくは出られないんですよね。
あれほど熱中していたパチスロですが、業者に体を売るのを強要され、
怖かったトラウマのせいで、もう、手を出せなくなりましたね。
ギリギリ夫にはバレずになんとかなったので、このままお墓の中まで
借金していた事実は持って行こうと思っています。
そしてこれからは新しく借金を作ることなく、真面目に生きていこうと思います。

顧客の口コミで闇金が潤っている現状

闇金の顧客による口コミが原因で業者を潤わす事もあります。

知人の紹介で違法業者から借り入れるといったケースは少なくありません。顧客側が簡単に貸してくれると知人に伝えれば、その知人は簡単に信用してしまいます。闇金業者側は、顧客からの紹介によるサービスを謳い、金利を低めに設定し、貸し付けを行います。知人からすれば、お得にお金を借りられた事になります。業者は顧客が増え、稼ぎも増えて、みんな満足と言いたい所ですが、良い傾向とは言えません。

闇金業者は正規の貸金業者ではありません。金利は1週間で5割といった業者もいます。高い金利でお金を借りると返済で苦労します。返済を続け、完済出来れば良い方です。実際は完済が近づくと、返済を認めない闇金業者もいます。完済出来ないよう妨害する訳ですから、顧客は長期的に利息を支払う事になります。

人と人を繋ぐ口コミは良いですが、悪い方向へ向かう口コミは問題でしょう。借りている人は、知人や友人を誘うのは避けるべきです。誘われた側は、おかしな話に乗らないよう気をつけるべきです。違法業者からの借金は、多重債務への近道である事を理解した上で、まともな貸金業者から借りるようにしてください。借りていて返済の見込がない人は、借金問題専門の相談を受けましょう。